2015/ 1/ 1 7:05

パワーサイトの神髄

生涯に渡って、そこそこの収入を得る「自分年金」の仕組み構築ですが、まずブログ(サイト)を開設しコンテンツ(記事)を投稿していきます。

最初は、あまり欲張らずにひとつのサイトに限定して、テーマを絞りコンテンツの質を重視して、時間を掛けてじっくりとサイトを育てていく事をお勧めします。
私は、コンテンツ(記事)が100~200記事程度になれば、立派なパワーサイトだと思っています。

そのパワーサイトから収入を得るために、サイト内に優良な商品を紹介する広告を掲載します。
そして、訪問してくれた読者(ユーザ)にそのサイトから商品を購入してもらわなければなりません。
そこで留意しなければならない事があります。

あなた自身も経験があると思いますが、ウソくさい感じがしたり、売り込み臭が強いサイトは読者に嫌われます。従って、以下の様な方法でサイトを作ることは、まったくナンセンスだし、論外だと思います。

  ・商品の紹介記事にウソや偽りがある(その臭いがする)
  ・サイトの方針に合わない広告が掲載されている(嘘くさい感じがする)
  ・サイトのいろいろな場所に広告が掲載されている(売り込み臭がする)

  
商品を売りたい気持ちが先行すると、上記のような間違いをやりがちなので、読者の視点に立って、サイト構築する事が肝心です。読者の立場に立って、読者の求めている事柄を想像しながら、サイトを構築したいものです。

単純な事ではありませんが、読者との信頼関係を築く事が最も重要になります。

例えば、実店舗で商品を購入する場合でも、まったく知らない人から勧められた商品よりも、以前から信頼している人から勧められた商品を購入したくなりませんか?

インターネット(サイト)から商品を購入する場合でも、同じ事だと思います。
同じ商品を広告掲載しているサイトが沢山あるなかで、自分のサイトから商品を購入してくれるのは、読者と自分との信頼関係があればこそだと思います。

読者との信頼関係を築くとは、別な言い方をすれば、そのサイトの信頼度を向上させる事でもあります。

常に読者の求めている事柄を想像しながら、読者にとって有益な記事(情報)を投稿していくことで、サイトの信頼度が向上し、ひいては読者との信頼関係が築かれることになると思います。
それがパワーサイトの神髄です。

私が作成中の、当パワーサイト(ブログ)は、

  ● 私と似たような苦い体験(親の介護)をされている方
  ● あるいは将来(定年退職後の生活)に向けて漠然とした不安のある方に向けて

  ◎ 私自身の体験に基づいた情報を発信し、その解決策らしきものを提示して
  ◎ 少しでも豊かな未来に向けて一歩を踏み出して頂ければとの思いから

当パワーサイトを運営しています。

圭一
・・毎日、記事投稿に悪戦苦闘していますが・・

圭一
パワーサイトと語っていますが、まだ「パワー」を名乗るのはおこがましと思ってます。

まとめ/オリジナル性が肝心

これから自分が作るサイトは、同じジャンルのライバルサイトと同様の傾向では、読者の心には響かない(満足してもらえない)と思います。

なかなか大変な事ではありますが、パワーサイトにはオリジナル性が肝心だと認識しています。

その為にも、最初はライバルサイトの研究(ライバルサイトのリサーチ)を十分にする必要があります。自分の心に響くライバルサイトを幾つかリサーチしてピックアップする。そして、そのサイトの内容を十分に研究すべきです。

自分独自のオリジナル性が何となく思いつくまで、ライバルサイトを研究する事が肝要だと思います。

圭一
私は、最初は「何となく思いつく」程度からのスタートで十分だと思っています。

私の場合ですが、30個以上のライバルサイトをピックアップした後、数サイトに絞り込んで、そのサイトのほぼ全ての記事を読み、傾向を分析した後に、私自身のサイトの方向性を決める「サイトの設計図」を作成してから、当パワーサイトの作成に着手しました。

偉そうに語りましたが、当サイトの方向性にオリジナリティがあり、読者に好感を持って受け入れられているか否か?
 結論が出るまでには、もう少し時間が掛かりそうです。

 
スポンサード リンク