「膝痛」で悩んでます

定年退職後を豊かに暮らすために、パワーサイトを作成して、そのサイトから売上を上げるというビジネスを、当ブログでは推奨していますが、その為にも身体の健康が大切ですね......。

皆さんに身体の健康が大切だと語っている私ですが、実は3年程前に、ある日突然、左膝にかなりの痛みがおきました。
平坦な道での歩行にも痛みがあり、階段の昇り降りなどは特に痛みが激しく、普通に歩けない症状がでてしまい、かなり辛い毎日を送ることになりました。

圭一
一番辛かったのは、唯一の趣味であるゴルフにも行けなくなったことです。

そこで、整形外科クリニックで診察を受けたところ、診断の結果は「変形性膝関節症」でした。クリニックの先生によると、「あなたの、この膝の痛みは加齢によるもので、完治するのは難しい、今後一生の付き合いになる」とのことでした。

圭一
...もう完治する事はなく、この膝痛とは一生の付き合いか...トホホですね...

整形外科のリハビリを受診して数ヶ月後には、少しづつ症状がおさまり、平坦な道での歩行にはほとんど痛みはなくなりました。ただ、階段の昇り降りは初期症状の様な激痛ではありませんが、少しの痛みを伴います。普通の生活を送るにはあまり支障がない程度まで症状は改善したと言っていいような気がします。

最近のゴルフ場は乗用カートが利用でき、長時間 歩行をする事がない(最も、ボールが真っすぐに飛んでくれればの話ですが?)ので、現在ではゴルフも再開しています。

圭一
...ゴルフボールが左右に曲がる悪い症状は一向に改善することはなく、スコアは相変わらず伸び悩んでいます...こちらの症状も一緒に改善したかった...?

普通の生活には支障がなくなりましたが、「正座」だけは未だに出来ません。

圭一
...まあ、普段の生活で正座をすることは、ほとんどないので問題になることはありませんが...?

ある本との出会い・・・これで膝痛が改善できれば有難い!

現在も、整形外科のリハビリを継続して受診していますが、左膝の痛みは完治していません。

そんな折り、ある本に出合いました。
その本のキャッチフレーズが、

 まずは、
   ・かかと体重で立つ
   ・つま先は60度に開く
   ・上体を楽に乗せる
 ……これだけ!

 やり方さえ知ってしまえば、何も難しいことはなく、誰でも実践することができます。
 現役医師の推薦も多数!
 長年の身体の痛み・悩みから解放された人からの感謝の声が続々

ほんまかいな??
と、半信半疑でしたが、その本を購入しました。

そして、この本に書かれている「かかと体重」の立ち方、歩き方を、現在実践している最中です。まだ実践してあまり時間が経過していませんが、普段の「姿勢が良くなってきた」事を感じています。

まだ、膝痛の改善までは実感できませんが、「かかと体重」の立ち方、歩き方を継続する事で、そのうち改善するのではないかという期待感があります。
「継続は力なり」を信じて、このまま続けていこうと思っています。

この本ですが、内容には満足しているのですが、挿入絵が分かりにくいのが残念なところです。

この本の内容を実践する事で「膝痛」が治れば有難いし、本の購入代金と膝痛の改善を比較すると、コスパが非常に良いのではないかと思い、今回の記事にしてみました。 興味がありましたらどうぞ...。

本の紹介

Amazonの商品説明から以下引用します。

本のタイトル:
「かかと体重」で、つらい痛みが消える! ―全身の不調が改善する「プライマリーウォーキング」入門 単行本(ソフトカバー)
本の著者:岡本啓司(おかもと・けいじ)
本の出版社:きずな出版

【内容紹介】

 肩こり、腰痛、頭痛、首痛、股関節障害、
 膝痛、外反母趾、むくみ、手足の冷え……
 すべてよくなる立ち方・歩き方――その名も「プライマリーウォーキング」。
 日常の立ち方や歩き方のフォームを変えるだけで、
 姿勢矯正に加え、血管・リンパ管のアライメントまで整え、
 その結果、腰痛、肩こり、膝痛、股関節痛などの疾患をはじめ、
 むくみや慢性疾患などが改善していくというのが、プライマリーウォーキングの強みです。

まずは、
 ・かかと体重で立つ
 ・つま先は60度に開く
 ・上体を楽に乗せる
……これだけ!
やり方さえ知ってしまえば、何も難しいことはなく、
誰でも実践することができます。

現役医師の推薦も多数!
長年の身体の痛み・悩みから解放された人からの感謝の声が続々の ウォーキングメソッド、ついに公開!

【出版社からのコメント】

 ・「鉛直押圧テスト」で、身体のバランスを知る
 ・「かかと体重」で立ちなさい
 ・つま先を60度に開く
 ・上体を楽に積み重ねる
 ・上肢帯のセット
 ・首・頭をセットする
 ・歩き方ポイント1「足の上げ方」
 ・歩き方ポイント2「上げた足の下ろし方」
 ・歩き方ポイント3「下ろした足の着地」
 ・歩き方ポイント4「どのように進むか?」
 ・肩こりのセルフメンテナンス法
 ・腰痛のセルフメンテナンス法
 ・偏頭痛のセルフメンテナンス法
 ・股関節痛と膝痛のセルフメンテナンス法
 ・むくみのセルフメンテナンス法
 ・自分に合った靴で、セルフメンテナンス……etc.

 超簡単ですぐ効果が出る、立ち方・歩き方!

 
 

ひざ裏伸ばしストレッチ      2018/7/9追記

TBSで朝7:00から放送される『健康カプセル ゲンキの時間』ですが、2018/7/1(日)は『ひざ裏』がテーマでした。
録画していたビデオを昨日見ました。番組で紹介されていた『ひざ裏伸ばしストレッチ』を早速試してみましたが、私の場合、いろいろ結果が良好だったので、番組のサイトを紹介します。

年を重ねると、肩こり・腰痛・股関節の痛み・疲れやすい等々、身体のあちこちに様々な不調が現れますが、実は元気と不調の分かれ道は、「ひざ裏」にありました。そこで今回は、元気の秘訣「ひざ裏」を徹底リサーチします。

ひざ裏の硬さチェック

ひざ裏が硬くなって伸びなくなると、ひざが曲がったままになり、身体が歪んで不調の原因になります。そこで、簡単にひざ裏の硬さをチェックできる方法をご紹介します。

〈ひざ裏の硬さチェック法〉
 ・脚を伸ばし、背筋をまっすぐにして床に座る
 ・ひざ裏にテレビのリモコンを差し込む

床とひざの裏の間に隙間が空いていて、リモコンがスーッと入ってしまう場合は要注意!ひざ裏が2cm以上床から浮いている状態です。すでに身体が歪み始めているかもしれません。さらに危ないのは、500mLのペットボトルが入る場合。ひざ裏が5cm以上床から浮いており、危険度MAX!コリや痛み、疲れ、冷え性など、すでに様々な症状に悩まされていませんか?

「ひざ裏」が身体の不調につながる理由

ひざ裏がまがったままになると、骨盤が後ろに傾いて背中も曲がり、首が前に突き出る悪い姿勢になってしまいます。このように、関節の一部が曲がる事で隣り合う部分に影響を及ぼし連鎖的に曲がってしまう事を「運動連鎖」といいます。それにより、首や、肩、背中、腰などのあちこちに痛みが起こり、肩こりや腰痛、股関節痛など様々な身体の不調につながるのです。さらに、ひざが曲がっていると、太ももの前部分にある大腿四頭筋は酷使され、また太ももの後ろ側のハムストリングは衰えやすくなります。この状態が長く続くと下半身のバランスが崩れ両方の筋肉が凝り固まり、衰えてしまいます。しかも、上半身を正しく支えられず身体がどんどん歪み続けてしまうのです。
また、下半身(ふくらはぎ・足)は第2の心臓と言われており、ひざが曲がると全身の血流にも影響を及ぼします。血流が滞ると、冷え性、便秘、乾燥肌、認知症などにもつながる可能性があります。

ひざ裏の硬さ改善法

1日わずか3分で、ひざ裏を柔らかくし、身体の不調を改善する簡単ストレッチ法をご紹介します。

ひざ裏伸ばしストレッチ
 ▼壁に向かって立ち、脚を前後に開く
 ▼手を肩の高さ、肩の幅で壁に両手をつく
 ▼手と手の間をまっすぐ見る
  ポイントは、つま先はまっすぐ前を向け、ひざ裏が伸びるように後ろ足をピンと伸ばす事です。
  この時、足の幅を調節して気持ちいい位にし、かかとを浮かさないようにしてください。
  これが基本姿勢です。
 ▼基本姿勢を保ち、息を吐きながら5回壁を押す
 ▼ひざ裏を伸ばし、息を吐きながら5秒間壁を押す

〈ひざ裏伸ばしストレッチ〉

ストレッチのベストタイミングは、お風呂あがり!1日3分行うのが基本ですが、忙しい場合は、5秒間壁を押すだけでも効果があります。ひざや腰などに疾患がある方は、かかりつけ医の指示に従ってください。
しっかり行えば、ストレッチ効果だけでなく、筋肉のトレーニングにもなり運動効果抜群です。

  引用:TBS 日曜朝7:00『健康カプセル ゲンキの時間』第313回(2018/7/1)

圭一
「ひざ裏伸ばしストレッチ」結構いい感じです!!

 
 

本の紹介・その2         2018/7/12追記

岡本啓司さんの「プライマリーウォーキング」関連の別の本を見つけましたので、紹介します。

最初に紹介した本(「かかと体重」で、つらい痛みが消える! ―全身の不調が改善する「プライマリーウォーキング」入門)よりも先に出版されていました。

私は、最初に紹介した本より、この本の方が、図解の絵が具体的で分かりやすいと感じました。

本のタイトル:
プライマリーウォーキングで歩けば若返る!: より少ない筋力で効率的に立って歩く、画期的な方法 (単行本) 単行本 – 2018/1/20
著者:岡本啓司さん
出版社:(株)三笠書房

Amazonの商品説明を引用します。
【内容紹介】
 ◎いつもの「体の使い方」をほんの少し変えるだけ!

 ◎鍛えない! がんばらない! 力を入れない!

 本書で紹介するプライマリーウォーキングは、
 「より少ない筋力で効率よく立って歩く」方法です。

  ・両足のかかとをつけて立ち、足先は約60度開く
  ・重心は、足先(つま先)ではなく、「かかと」にかける
  ・歩きはじめは、足を前ではなく、後ろに上げる

 特別な筋トレや、長時間のトレーニングは必要なし!
 ちょっとしたコツさえ身につければ、誰でもできます。

 プライマリーウォーキングを実践すれば
 血液やリンパの流れが改善するため、
 健康・美容の両面ですばらしい効果が表れます。

 具体的には、腰痛、ひざの痛み、O脚やX脚、
 外反母趾、足のむくみが改善した人が続出!

 さあ、はじめてみましょう!

 
スポンサード リンク