映画『終わった人』を見てきました

今日(2018/6/10)、映画『終わった人』を見てきました。

主人公の田代壮介役に舘ひろしさん、妻の田代千草役に黒木瞳さん、カルチャースクールの受付嬢役に広末涼子さん、その他多彩な俳優さんたちが、素晴らしい演技で作品を作り上げています。

監督及び脚本家の力もあると思いますが、暗くて重いテーマにも関わらず、小説よりコミカルに仕上がっていて、私はとても好感が持てました。

映画を見る前に、小説『終わった人』を読んでますので、大筋の内容&物語の展開とも、原作を尊重しつつもコミカルな映画に仕上がっていると思います。(...生意気言ってすみません)

ただ、私にとって一点だけ残念なシナリオ(脚本)になっている所がありました。

圭一
・・好きか嫌いかの、主観的な問題なので、ご容赦下さい。 あくまでも私の感想です!!

その一点についてだけ話したいと思いますが、それだけでもネタバレになるのでは、...との不安があります。

残念なシナリオとは、物語の最終局面の筋書きです。私は小説『終わった人』のエンディングの方が好きでした。

小説では、
「主人公の「田代壮介」が、郷里の盛岡(イーハトーブ)に帰るため、新幹線の『はやぶさ』に乗って福島あたりを通過する頃、携帯電話が鳴った。妻の千草からだった。」

「今、あなたの次の『はやぶさ』に乗ったから、あなたより1時間遅く盛岡駅に到着するから、改札口で待ってて。 私もお義母さんにご挨拶したいと思って......。」

「1時間遅れてあらわれた千草に、おれは嬉しさを隠せなかった。千草も照れたような笑顔だった......。」
......の様な、エンディングでした。

一方、映画のエンディングは......。 ネタバレになるので止めます。映画を見て下さい!!
 

<関連する当ブログの記事>

映画『終わった人』のプレミア試写会レポートより

だいぶ前になりますが、2018/5/10に東京国際フォーラムで、映画『終わった人』のプレミア試写会があり、舘ひろしさん、黒木瞳さん、広末涼子さん、田口トモロヲさん、ベンガルさん、原作者の内館牧子さん、中田秀夫監督が登壇し、記者会見と舞台挨拶を掲載したサイトに、素敵な言葉がありましたので、引用して紹介します。

【記者の質問1】
「終わった人」という強烈で衝撃的なタイトルの映画化のオファーを受けたとき正直どう感じられたのか、そして、出来上がった作品をみてどう感じられたのかをお話いただければと思います。

【舘ひろしさん】
まず「終わった人」というタイトルは、わたくし自身が終わりに近いので、あまりやりたくないな、と思ったんですけれども(笑)。それからすぐに内館先生の本を読ませていただいて、それがすごくおもしろくてもうちょっとシニカルでした。そのあと脚本をいただいて、それはとてもコミカルに書かれていて。これはひょっとしたら面白いかもということで、やらせていただきました。
(出来上がった作品を見て)みなさんやっぱりすごくて。自分で自分の作品をどうこう言えないのですけど…(笑)。みなさん素晴らしかったです。

【黒木瞳さん】
わたしは、まず「終わった人」というタイトルはギャグだなと思いました。面白いな、どんなことが描かれているんだろうって。内館先生はいろんなカテゴリーの小説をお書きになっているので、その中でどんな人間模様が描かれているのだろうと興味を持って読ませていただきました。そして、中田監督がお撮りになるということで、すごく興味が湧きました。舘さんとは、20代の頃からご一緒させていただいているので長年連れ添った夫婦というのは私にしかできないだろうという自負を持って、ぜひやらせていただきたいとお返事しました。
出来上がった作品はとにかく舘さんがおかしくて、無防備でこんな舘さん見たことがないと。まず、舘さんの素晴らしさに感動し、中田監督の優しさ・愛が溢れる撮り方に感動して、一観客になって笑ってしまいました。身につまされるのですが、結局人生って捨てたもんじゃないなって、ふと笑える作品だなと感じました。

【広末涼子さん】
本を読んだときは暖かく切実なリアリティのあるお話で、すごく感じいる部分とコミカルで面白い部分とがあってきっと素敵な作品になるなと思ってお引き受けしました。やっぱり、キャスティングが舘さんと黒木さんとお聞きして、一気にこの映画の世界観が拡がりました。この映画は切ないキャスティングだと、きっと悲しくて重たい話になってしまうのだなというのを現場でも毎回感じていて。(映画の感想は)あまりにも現実味がありすぎても辛い内容を素敵なメッセージしてくれている作品です。

【田口トモロヲさん】
題名を聞いたときにはすごくインパクトがあって、パンチ力がある題名で単純に面白いって思いました。次に中田監督が演出されると聞いたときに、これはゾンビ映画なのか?と。「終わった人」ということは「ゾンビが?来た!?」と思ったんですけど、蓋を開けたら全く違ったんで本当に意外性のある映画になっています。歳をとることも大変だけれども中々良いなって思える作品になったと思います。

【ベンガルさん】
事務所からお話いただいたとき、電話口で「終わった人」って言われてドキッとしました(笑)。話の内容、内館先生の作品というのも聞いたので、ホッとしましたけれど。全編の骨組みがしっかりしているので、最後まで笑って、ラストでは泣かせていただきました。本当にいい映画ですので、一人でも多くの方に観ていただけるようにお願いします。

【内館牧子さん】
舘さんのセリフの中にある「仕事もない、体力もない、お金もない、こんな男を誰が好きになるんだ」ということをすべてわかった上で、さあ次のラウンドに行くぞ、っていうのがすごく面白いことだと思うんです。そこのところが映画をご覧になっていただければ分かります。そこが見事に出ていると思って喜んでいます。
 
【記者の質問2】
監督が映画として撮ろうと思った意義、意識されたことを教えてください。

【中田秀夫監督】
日本の映画のお客さんも年齢も上がってきているし、自分の年齢も上がっているので、大人向けの映画をきちんと作ってみたいなというのはありました。書き出しの「定年って生前葬だな・・・」っていうその一行に惚れ込みまして。現場が面白すぎると編集したときに、「ん?」ということもあるのですが、今回は現場も楽しく、編集も一生懸命やったので面白い作品になっていると思います。
 
【記者の質問3】
ダサい舘さんをご覧になった感想は?

【黒木瞳さん】
最初に思ったのは、役者としてすごいなと思いました。ある意味ここまで(格好良さを)捨てて役になり切るという勇気がチャレンジャーだなと。見習わなきゃなというのが第一印象でした。そのあとは、面白くてずっと笑っておりました。

【広末涼子さん】
初めてお会いして、リハーサルだと思えないくらい憧れの舘さん像そのままで、イメージが変わらずでした。田代壮介はある意味舘さんとは対極にある男性像だと思っていたのに、それが俳優さんだと共存するんだなというのがすごく不思議でした。壮介として見ていると楽しく、でもたまに舘さんが見えたりして、とても不思議な体験をさせていただきました。

 
 引用:映画『終わった人』NEWSの「プレミア試写会レポート」より

 
今日(6/10)は『終わった人』を見終えた後、ふと見ると同じイオンシネマに、あの『万引き家族』が掛かっていたので、立て続けに見てしまいました。
そう、この『万引き家族』という映画は、是枝裕和監督の最新作で、あのカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した作品です。

圭一
『万引き家族』も、とても素晴らしかったです。 ...がしかし、映画を連続して2本は、ちょっと疲れました...。

 
スポンサード リンク