講談社の小説現代に2017年12月号~2018年3月号に連載されていた、内館牧子さんの小説「すぐ死ぬんだから」が、単行本として2018年8月下旬に出版されました。

内館牧子さんと言えば、小説「終わった人」がベストセラーになり、2018年6月に映画化もされ大変話題になりましたが、今回取り上げる、この小説もかなりセンセーショナルなタイトルで、ワクワクしながら読みました。と同時に自分自身の定年後の生き方、さらにその先にある「終活」も少し考えてみました。

小説「すぐ死ぬんだから」の主人公に、感情移入できず

前の小説「終わった人」の主人公は、1949年(昭和24年)生まれの団塊世代で、メガバンクから子会社への不本意な「転籍」を言い渡され、子会社の専務取締役という立場で、定年を迎えた63歳の男性で、定年退職を迎えた、その日から、小説がスタートしていました。

私自身に近い年齢ということもあり、そうとう感情移入しながら小説を読み進めたのを記憶しています。

がしかし、今回の小説「すぐ死ぬんだから」の主人公は女性、しかも、後期高齢者に突入している78歳の女性という側面が影響したと思うのですが、正直なところ小説を読み進めても、全体を通して感情移入できる部分が少なかったように思います。

圭一
生意気な言い方ですが、これが本音・・・

今回の小説の主人公は冒頭部分で『六十代に入ったら、男も女も絶対に実年齢に見られてはならない。』と語っていますが、これは結構、共感できる言葉でしたね。

60歳代は、まだまだ生々しい年代です。外見は枯れている人もいますが、心は実年齢に抵抗している年代です。(この感覚は、私だけではないと思いますが?)

主人公「忍ハナ (おしハナ)」が冒頭で語る言葉

小説の冒頭部分で主人公ハナが語る言葉が、かなり印象的なので、ちょっと長くなりますが引用します。

  年を取れば、誰だって退化する。
  鈍くなる。
  緩くなる。
  くどくなる。
  愚痴になる。
  淋しがる。
  同情を引きたがる。
  ケチになる。
  どうせ「すぐ死ぬんだから」となる。
  そのくせ、「好奇心が強く生涯現役だ」と言いたがる。
  身なりにかまわなくなる。
  なのに「若い」と言われたがる。
  孫自慢に、病気自慢に、元気自慢。
  これが世の爺サン、婆サンの現実だ。

私はまだ60歳代ですが、このフレーズ、幾つか思い当たりますね。

著者の内館牧子さん、さすがです!!。

小説「終わった人」は、『定年って生前葬だな。』という衝撃的なフレーズから始まり、私の大変お気に入りの冒頭部分でしたが、今回の冒頭のフレーズも内館牧子さんの、力のこもった書き出しで、インパクトがあり私の心にダイレクトに届きました。

圭一
しかし、全体を通して感情移入はしていませんが・・・クドイか?

小説のあらすじ(ネタバレしない程度に)

小説の主人公「忍ハナ」は『後期高齢の78歳だが、絶対に実年齢に見られてはならない』と、内面・外見ともに、とことん磨きをかけ、実年齢に抵抗した生き方をしています。

第1章では、主人公が高校の同期会に出るために、銀座通りを歩いていると、シニア向け雑誌の「月刊コスモス」の編集者に呼び止められ。

「月刊コスモス」には、「こんなステキな人、いるんです」という人気ページがあり、このページにあなたの写真を掲載したいと言われて、心の中でガッツポーズどころか、飛び跳ねるぐらい、嬉しい依頼があった。(もちろん、そんなことはおくびにも出さずに、控えめに承諾した)

主人公より2歳年上の亭主「忍 岩造」は、折り紙はプロレベルの腕前。(折り紙のプロがいるか知らないが?)
生業は、酒屋だが既に息子夫婦に代を譲っている。

ここまでは、なかなか話が展開せずに、今回の小説はチョット面白くないなアー・・・。
と、思いながら読み進めていました。

さて、第2章のラストで、その亭主が硬膜下血種で倒れ、主人公ハナに思わぬ人生の暗転が降り注ぐことになります。

さてさて、第3章以降は急展開します。

圭一
しかし しかし、これ以上はネタバレになるので、あらすじは第2章までで、終わりにします。
続きは、小説を読んでください。

内館牧子さんの真骨頂のフレーズ

小説の内容が佳境に入った第5章に、内館牧子さんの真骨頂の一節がありましので、引用して紹介します。

60歳後半なんてまだ前期高齢者だ。 まだ「人生双六」の先に、「後期高齢者」がある。
私(78歳の主人公のこと)には先がない。後期高齢者の先はないのだ。終期高齢者晩期高齢者か? 末期高齢者か?
その先は終末高齢者で、ついには臨死高齢者だろう。

内館牧子さんは、やっぱり凄い人だ。
このフレーズで、この小説の奥深い部分に触れたような気がしました。そして、凄く感動しました。
  (この小説、高価でしたが、これでコスパ良しです)

圭一
しかし、全体を通して感情移入はしていませんが・・・クドイね!

単行本の紹介

 著署名:『すぐ死ぬんだから』単行本(ソフトカバー)–2018/8/23
 著者 :内館牧子
 出版社:講談社

Amazonの商品説明が、私のあらすじより的確なので、そのまま引用します。

78歳の忍(おし)ハナは夫岩造と東京の麻布で営んでいた酒店を息子雪男に譲り、近所で隠居生活をしている。

年を取ることは退化であり、人間60代以上になったら実年齢に見られない努力をするべきだ、という信条を持つハナは美しさと若さを保っており、岩造は「ハナと結婚してよかった」が口癖の穏やかな男だ。

雪男の妻由美には不満があるが、娘の苺や孫の雅彦やいづみにも囲まれて幸せな余生を過ごしているハナだったが、ある日岩造が倒れたところから、思わぬ人生の変転が待ち受けていた。

人は加齢にどこまで抗えるのか。どうすれば品格のある老後を迎えられるのか。
『終わった人』でサラリーマンの定年後の人生に光を当てた著者が放つ新「終活」小説!

 引用:「Amazonの商品説明」より引用しました。

終わりに

前回の小説『終わった人』は著者・内館牧子さんの渾身の一作でした。
私が現在置かれている状況に近い事もあり、主人公「田代壮介」に思いっ切り感情移入しながらに読み進み、主人公を自分自身に置き換えながら、「定年後の人生とは・今後の生き方は・夫婦関係の在り方は」等を見直すキッカケになりました。

今回の小説『すぐ死ぬんだから』も323ページを要した相当な力作に違いありませんが、主人公の年代が離れていること、女性であることなどから、それほど感情が高ぶることがありませんでした。

しかし、今回の小説のテーマのひとつと思われる「終活」については、今まで考える事もありませんでしたが、小説を読んで気づかされることが多かったように思います。

私も老化に抵抗するだけでなく、主人公の亭主のように突然病に倒れるかもしれない。そのような事を、心の片隅に置きながら、今をどう生きるか、さらに先の「終活」について考えるキッカケを頂いたような気がします。

 出典:今回の記事は上記のAmazonサイト、及び小説『すぐ死ぬんだから』を参考にさせて頂きました。

 

 

当サイトに、小説『終わった人』に関連する記事もありますので、宜しかったら読んでみて下さい。